top of page
  • 執筆者の写真池田トモ

LLMアプリの評価と改善について


LLM アプリ開発

LLMアプリがビジネスの現場で成果を上げるには、ユーザーのニーズに正確に応えることが求められます。今回は、SNS投稿文メーカー「PostMAX」を例に、アプリの評価と改善プロセスについて掘り下げていきます。


SNS投稿文メーカー「PostMAX」


LLMアプリの目標設定

PostMAXは、飲食店が日々の忙しい業務の中でも効率的にSNSマーケティングを行えるように開発されました。具体的な目標(KPI)は、ユーザーに週に1回以上アプリを使用してもらい、お店の認知度アップに役立ててもらうことです。このアプリは、お店の営業開始前のスキマ時間に魅力的な投稿文を生成し、Instagramを継続的に更新することをサポートします。


評価基準の設定

アプリのKPIを達成するためには、その機能がユーザーの期待をどれだけ満たしているかを正確に評価する必要があります。「PostMAX」では、以下の基準に基づいてLLMの出力を評価しています。


  1. 日本語の流暢さ:文法的に正しく、自然な日本語であること

  2. 生成スピード:ユーザーが待つことなく迅速に投稿文を得られること

  3. 情報の正確性:提供される情報が正確であり、ユーザーが信頼できる内容であること

  4. テーマとのマッチ度:生成されたテキストが投稿の目的やテーマに適していること

  5. 想定顧客とのマッチ度:ターゲットとする顧客層に適切に響く内容であること


これらの基準に基づき、各項目を5段階で評価し、総合的なスコアを算出しています。


改善プロセス

評価結果に基づいて、LLMの出力の質をさらに高めるための改善が行われます。具体的にはプロンプトやパラメータの調整を行い、より高いスコアを目指します。このプロセスを繰り返すことで、ユーザーの満足度が向上し、設定したKPIの達成が可能となります。


結論

PostMAXのようなLLMアプリの継続的な評価と改善は、ユーザーにとって使いやすく、効果的なツールとなるために不可欠です。ぜひ本記事を参考にビジネスの現場で成果を上げるLLMアプリを作成してみてください。



Comments


PoC開発無料相談実施中

新規事業の担当者様を対象に、PoC開発の無料相談を実施しております。PoC開発の課題やお悩みについて弊社コンサルタントが無料でご相談をお受けいたします。

 

通常、コンサルティングには費用がかかりますが、無料相談では初回のみ無料で体験していただけますので、ぜひご活用いただければ幸いでございます。

無料相談はZoomによるオンラインMTGになります。ご希望の方は以下の申し込みボタンよりお気軽にお申し込みください。

bottom of page