会社概要

会社名

株式会社デジロウ

英文社名

Digirow Inc.

設立

2012年6月1日

​代表者

池田 公也

資本金

300万円

本店​所在地

栃木県宇都宮市大谷町1174番地

沿革

2007年1月   創業

2012年6月   設立

2015年2月   サロン業向け会員アプリ作成サービス「デジロウ アプリ」サービス開始

2016年11月 ミヤジャズ推進協議会主催「ミヤジャズイン」にて「デジロウ サーベイ」が初導入される

2018年10月 両国国技館で開催された卓球Tリーグ開幕戦で「デジロウ サーベイ」が導入される

2019年12月 大阪マラソン2019にて「デジロウ サーベイ」が導入される

代表者プロフィール

1997年、IT技術を学ぶために渡米。
2003年、カリフォルニア大学サンディエゴ校卒業。Jacobs School of Engineering にて計算機科学の学位を取得。
帰国後、米テクノロジーベンチャー企業の日本法人「VA Linux Systems Japan株式会社」にて営業マーケティング担当として勤務。
2006年、IT技術コンサルタントとして独立。在京キー局インターネット放送事業、仮想通貨ベンチャー企業など、様々な新規事業プロジェクトに技術担当として参画。
2012年、株式会社デジロウを設立。事業を通じてクライアント企業の収益モデルのDXをサポートしている。

代表メッセージ

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

デジロウは2012年の設立以来、会社のビジョンとして「顧客と共に成功を享受し、テクノロジーの発展がもたらす激しい環境の変化に適応しながら、新しい時代を切り開いていく。」を掲げ、パートナー企業やチームメンバーとともに尽力してまいりました。

2007年1月に初代iPhoneが発売されてからスマートフォンが爆発的に普及し、人々の日常生活は大きく変化しました。テクノロジーを活用することで今まで出来なかった事ができるようになり、至るところで新しいビジネスチャンスが生まれています。リアルの場でも従来人の力でおこなっていた業務をデジタル化することで、コストを下げつつ生産性をアップすることができるようになりました。テクノロジーをうまく活用すれば、従来よりも少ない投資やリソースでより大きな成果を得ることができるようになります。

その結果、顧客の満足度が上がり、事業の経済価値を高めることができると確信しています。デジロウは事業を通じてステークホルダー全員の利益に貢献すべく、チームメンバーとともに日々邁進していく所存でございますので、今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社デジロウ

代表取締役社長  池田公也